前書き

 

みらいのドッグフード 長寿サポート」は、自然の森製薬という製薬会社が開発した「無添加ナチュラルドッグフードです。

 

最近広く知られるようになった、腸の健康(腸活)作用や、歯の健康(口腔ケア)のダブルの効果で、犬の健康維持に大きな影響を与えると謳われていますね。

 

※自然の森製薬からは、犬の癌(がん)・腫瘍向けの特別療法食、「みらいのドッグフード 腫瘍サポート」も販売されており、免疫力の維持や、免疫細胞の枯渇を防ぐたに配合されているスーパーキノコの数は、長寿サポートも腫瘍サポートも同じです。
(参考ページ⇒ みらいのドッグフード腫瘍サポートの口コミや評判|本当に効果ある?)

 

一般のナチュラルドッグフードとは違い、「薬膳レシピ」を取り入れることで、犬の健康維持に徹底的にコミットしたいと考えているようです。

 

このページでは、動物臨床学に基づき、獣医師やペット栄養管理士の監修を受け開発された、「みらいのドッグフード 長寿サポート」の評判や口コミ、その実際の効果や安全性まで、辛口になるかもしれませんが、しっかりと評価していきます。

 

それではまず、みらいのドッグフード長寿サポートを実際に与えた飼主さんの口コミから、リアルな評判を確認して行くことにします。

 

▼目次を開くと見たい項目にジャンプできます。

【みらいのドッグフード 長寿サポート】実際の口コミ

 

実際に「みらいのドッグフード 長寿サポート」を愛犬に与えている飼主さん達の口コミを調べてみました。

・メス15才:Kちゃん|犬種:ちわわ
わが家のKは、凄く臆病で食が細かったのですが、「みらいのドッグフード 長寿サポート」はしっかりと完食してくれます。
とても元気になったので、「もっと早く知ってればよかったのに」なんて思ってしまいます。
しかし、「みらいのドッグフード 長寿サポート」に出会えて本当に良かったです。
Kが元気で長生きしてくれることが一番なので、これからも続けて行きたいと思います。

・メス13才:Lちゃん|犬種:コッカ―スパニエル
13才になった我が家のKは、肥満でメタボ、運動音痴でおっとりした性格の子でしたが、「みらいのドッグフード」に変えてから、近所の長い階段をノンストップで駆け上がれるようになりました。
今まででは考えられない事だったので、びっくりです。
年齢も年齢なので、フードひとつでこんなに変わるものかと毎日驚かされています。
くすんでいた瞳も何だか最近輝いて見えます。
「みらいのドッグフード 長寿サポート」は、かなり良いと思います。

・メス6才:Sちゃん|犬種:プードル
散歩に行ってもフラフラしているような老犬ですが、「みらいのドッグフード 長寿サポート」への食いつきは半端じゃありません(笑)
食事の時の若返り方が尋常ではないのです。
フードの乗ったお皿に飛び掛かり、一緒にあげてるサプリもあっという間にたいらげてしまいます。
鹿肉が使われているせいなのでしょうか、食べている時は野性味が溢れています(笑)
付属の歯磨き粉も有難くて、目に見えて白くなってきたような気がします。
歯を綺麗にすることが健康に繋がるなんて、眼中になかったのでとても重宝しています。

・オス3才:D君|ポメラニアン
ドッグフードには気を使っていたのですが、海外製の健康ドッグフードに対しては食いつきが悪くて困っていました。
「みらいのドッグフード」に関しては、初めて完食してくれたのが、まず嬉しかったです。
今までも給与量通り与えていたのですが、小型犬なので食が細いのかと思い込んでいました。
ただ単に美味しくいなかっただけなんですね(笑)

 

みらいのドッグフード 長寿サポート」の利用者の口コミでは、非常に評判が良いみたいですね。
食い付きの良さが伝わってきますし、ワンちゃんの健康維持にも貢献出来ているようです。

 

あくまでも個人の感想なので100%鵜呑みにするわけにはいきませんが、粗悪な商品は悪評でいっぱいになりますから、口コミを見る限り評判は良いと言えるでしょう。

 

次に、「みらいのドッグフード 長寿サポート」の特徴やこだわりについて見ていきましょう。

 

 

【みらいのドッグフード 長寿サポート】の特徴

 

製薬会社が開発しただけあって、「みらいのドッグフード 長寿サポート」には、様々な健康対策が詰め込まれています。

 

まずは、そのこだわりを3つに分けてご紹介します。

 

食べる歯磨きの口腔ケア(消化・新陳代謝等をサポート)

 

「みらいのドッグフード 長寿サポート」には、歯周病対策として、食べる歯磨き粉(マウスクリーンパウダー)がセットになっています。

 

【グロビゲンPG(ジンジバリス菌ケア)×フェリカス菌(ミュータンス菌ケア)×酵素】

 

犬の場合は気づきにくいかも知れませんが、人間でも歯の健康が体にも大きな影響を与えますね。
長生きしている犬は、腸内環境が良いのですが、それだけでなく歯周菌などの口腔環境が良い傾向にあります。

 

口腔環境は、歯や歯周菌や虫歯といったものばかりではなく、唾液の量や質食欲や消化内臓の新陳代謝や脳活動の働き等、様々な犬の健康に影響を与えます。

 

「みらいのドッグフード 長寿サポート」は、歯の健康にも着目し、他の健康ドッグフードには見られない角度からも犬の健康にコミットしているようです。

 

 

世界初の「犬のマクロビオティック」を取り入れた


「みらいのドッグフード 長寿サポート」は製薬会社が開発したと前述しましたが、製薬会社らしく、最新の動物栄養学をもとに、理論だてた栄養バランスにもこだわっています。

 

犬の祖先である野性の狼の主食は、「鹿肉」ですが、高タンパク質で低脂肪な「熟成鹿肉」をメインに採用しています。

 

また、犬用のマクロビオティック思想を、世界で初めて採用し、犬と相性の良い酵素・乳酸菌・無農薬野菜などのマクロビ発酵素材を豊富に配合しています。

 

鹿肉だけなら採用している他のナチュラルドッグフードもありますが、「熟成鹿肉の贅沢な配合量」や「マクロビ発酵素材(無農薬の玄米・酵素・乳酸菌・食物繊維)」をダブルで含んでいるのは「みらいのドッグフード」だけでした。

 

これは、腸活と腸の健康を整えるのに非常に有効と言えます。

 

ドッグフードに初めて取り入れた「犬のマクロビオティック思想」とは


「みらいのドッグフード 長寿サポート」には、マクロビオティック思想が、ペットフードとして世界で初めて取り入れられています。

 

マクロビオティック思想って、人間で言えば、無農薬野菜や穀物を主体にした、お肉をほとんど食べない食生活のことになりますが、犬のマクロビオティックは少し違います。

 

低脂質の肉をメインとし、一定量の野菜や穀物を微粒末状に砕き、且つ、発酵食品をふんだんに取り入れた食事のことです。

 

人間のマクロビオティック思想をそのまま犬に当てはめるのではなく、犬用のマクロビオティックを理解し、フードに取り入れることが出来るのも製薬会社ならでわでしょう。

 

オオカミを先祖に持つ犬のマクロビオティック思想は、犬の消化に悪い穀物類を主体にするのではなく、メインの主食はあくまでも肉、それも犬本来のエサである鹿の熟成肉を惜しみなく使用。

 

いっぽうで、野菜の食物繊維や穀物類は全くのゼロにするのではなく、消化に問題が生じない程度の一定量を含みます。

 

玄米の難消化性でんぷんは、ブドウ糖の吸収を緩やかにしてくれるなどのメリットが判明しており、穀物類などは善玉菌の餌となりますので、活用しない手はないでしょう。

 

血糖値をあげやすい野菜とそうでない野菜があるので、しっかりと見分ける必要があるのですが、製薬会社だからこそ、犬用のマクロビオティックを取り入れることが出来たのかもしれません。

 

「みらいのドッグフード 長寿サポート」が取り入れた、犬のマクロビオティックをまとめると、

「低脂質な肉をメインに」
「血糖値をアップさせにくい野菜選び」
「野菜や穀物類を微粒子粉末処理を行い消化の問題をクリア」
「発酵食材をふんだんに配合」

となります。

 

最新の動物栄養学でわかった犬に必要な穀物に注目!

 

おおくのプレミアムドッグフードやナチュラルドッグフードにおいては、「グレインフリー」と言われる、穀物類不使用のフードが犬の健康に望ましいとされてきました。

 

しかし、最新の動物栄養学において、オオカミを先祖に持つ犬が全く穀物を必要としていないというのは間違いだと報告されています。

 

というのも、主食である鹿を通じて、少量の穀物を摂取していたこと、摂取した穀物はしっかりと消化され、腸内で善玉菌の餌になることがわかっています。

 

ここで大切なことは、穀物を全くのゼロにするのではなく、肉を主食としたうえで、良質な大麦や大麦等全粒粉を低比率で配合し、犬の腸内バランスを整えてあげることだと言いうのです。

 

そんな理由から、「みらいのドッグフード 長寿サポート」では犬の身体の負担にならない程度の穀物を使用し、アレルギーが出ないようにも気を配ったうえで、腸活をサポートします。

 

「みらいのドッグフード 長寿サポート」は、口腔ケア&腸活サポートのダブル作用で、犬の健康維持を実現させる、薬膳レシピの健康ドッグフードであることがわかりました。

 

犬の健康維持について考え抜かれたドッグフードであることは理解できましたが、その安全性や効果は実際のところどうなっているのでしょうか。

 

次は、使われている原材料や公表されている成分値を見ながら、公平な目でしっかりと評価していきましょう。

 

「みらいのドッグフード 長寿サポート」の使用原料や成分値を徹底チェック!

 

ここでは、「みらいのドッグフード 長寿サポート」の公表されている使用原材料と成分分析表をもとに、安全性や効果などを忖度無しで正しく評価していきたいと思います。

 

1kgセットの使用原材料・成分を分析

 

「みらいのドッグフード 長寿サポート」は、1kg(1袋)につき、歯磨きパウダー(1袋)15gとセットになっています。

 

それでは、腸活&口腔ケアのダブル作用が特徴の「みらいのドッグフード 長寿サポート」の薬膳フードと歯磨きパウダーの使用原材料を見ていきましょう。

【薬膳ドッグフード使用原材料】
生肉(鹿,鶏,馬,魚),大麦,魚粉,サツマイモ,玄米,ヤシ種皮,菜種油,ローストセサミ,ビール酵母,海藻(フコイダン),キノコ粉末(霊芝,メシマコブ,アガリクス,冬虫夏草,ハナビラタケ,タモギタケ,ヤマブシタケ,チャーガ,舞茸,カワラタケ),グルコサミン,オルニチン,アルギニン,サチャインチオイル&パウダー(耐熱性オメガ3脂肪酸),紫イモ,クランベリー,ハトムギ,納豆菌,スピルリナ,スキムミルク,オリゴ糖,カルシウム,リジン,メチオニン,発酵野菜,コンドロイチン,MSM,クランベリー,青パパイヤ,プロポリス,田七人参,春ウコン,秋ウコン,キャッツクロー,高麗人参,クマザサ,乳酸菌群(フェカリス菌FK-23),紅豆杉,田七人参

【歯磨きパウダー使用原材料】
米粉、グロビゲンPG、ビール酵母、乳酸菌、オリゴ糖、ココナッツパウダー、納豆菌、フェカリス菌(FK-23乳酸菌)

【薬膳ドッグフード100g当たりの成分分析値】
粗たんぱく質30%以上
粗脂肪9%以上
粗灰分10%以下
水分10%以下
粗繊維5%以下
代謝カロリー335kcal/100g

使用原材料を見てみると、メインに、鹿肉・馬肉・鶏肉・魚の生肉を使っており、穀物類は比較的アレルギー性が低く、犬の身体に負担をかけない、大麦や玄米を一緒に配合することで、消化の負担を最小限に抑えているようです。

 

前述しましたが、穀物類は犬の腸の中で善玉菌の餌となることがわかっており、最新の動物栄養学では、適量の穀物類は犬の健康に良い影響を及ぼすことがわかっています。

 

ただ、それでもアレルギー反応を起こすワンちゃんが、100%確実にいないとは言い切れないので、心配のあるワンちゃんに対しては注意しておく必要はあるでしょう。

 

メインに使われている鹿肉などは、低脂肪で良質なタンパク質が摂取できるので、犬本来が必要としている栄養素としては、肉副産物などでカサ増ししている市販のドッグフードと比較すると、断然評価できるポイントです。

 

また、オリゴ糖や春ウコン、オリジナル配合のスーパーキノコ類は、腸内環境を整え、免疫力を維持する力を育む作用があります。

 

一般には知られていない「免疫枯渇」に注目!

 

そして、これはあまり知られていませんが、「みらいのドッグフード」では、元気になった免疫細胞を「※枯渇」させないよう、毎回スーパーキノコの配合比率を変えて発送しています。

 

免疫学の分野ではよく知られていることですが、免疫細胞を活発化させると、急激な活性化の後に、免疫枯渇と呼ばれる、免疫細胞の元気が無くなってしまう現象が起こります。

 

この「免疫枯渇作用」を防ぐ対策をしているドッグフードは、おそらく製薬会社開発の「みらいのドッグフード」でしか聞いたことがありません。

 

蛇足ですが、犬の癌(がん)・腫瘍をケアする、みらいのドッグフードシリーズ、「みらいのドッグフード 腫瘍サポート」は、この免疫枯渇対策がされています。

 

詳細ページはコチラ⇒ みらいのドッグフード腫瘍サポートの口コミや評判|本当に効果ある?

 

話は少しそれましたが、スーパーキノコ類やオリゴ糖、春ウコンなどは高級サプリにも使用されている健康素材ですが、「みらいのドッグフード 長寿サポート」には、しっかりと配合されています。

 

高齢のシニア犬や、病気を抱えた愛犬の食事療法にも向いているのが良くわかります。

 

 

知られにくい食材の質について

 

さらに、使用原材料の表記だけでは分からない部分ですが、「みらいのドッグフード 長寿サポート」の使用原材料の質にも注目して調べてみました。

 

調べていて「なるほど!」と思ったのが、パッケージなどに表記されている栄養素や原材料だけでは、「質」という部分がブラックボックスだということでした。

 

公式サイトを読み込んでいて気付いたのですが、食材について考えてみて下さい。

参考例@:牛肉(Aランク)・鹿肉(Aランク)・さつまいも(無農薬)・りんご(無農薬)
参考例A:牛肉(Dランク)・鹿肉(Dランク)・さつまいも(農薬使用)・りんご(農薬使用)

 

上記を見ると、参考例@のほうが質が良いことがわかりますが、これらを販売時のパッケージ表記にすると、

 

【使用原材料名:牛肉、鹿肉、さつまいも・りんご】

 

といったようになってしまい、参考例@も参考例Aも、同じレシピのドッグフードだとしか思えないですよね?

 

成分分析表も全体の比率でしかないですから、見た目だけでは正しい評価が出来ないってことになります。

 

「じゃあ、結局わかんないんじゃん?」

 

なんて、思われたかもしれませんが、そこが「みらいのドッグフードシリーズ」を開発・販売している自然製薬の真骨頂を発揮するところです!

 

製薬会社なので、動物栄養学の最新情報を身近に持っていますから、市販の高級プレミアムドッグフードの栄養バランスや品質でさえ、まだまだ物足りないことを知っています。

 

だからこそ、食材や漢方素材、薬膳レシピには特別なこだわりを持っています。

 

使いこなすには知識が必要な漢方素材や、高級食材に関しても、製薬会社ならではのルートを駆使し、普通のペットフードメーカーでは、到底コストパフォーマンスが見合うことの無い、「薬膳レシピ みらいのドッグフードシリーズ」を開発したというわけです。

 

まあ、自然の森製薬の公式サイトを読み込んで調べたので、偉そうには言えませんが(笑)

 

「みらいのドッグフード 長寿サポート」の詳細は下記公式サイトから確認できます。

 

※公式サイト限定の定期コースでは、最大40%OFFの最安値並びに30日間の完全返金保証がついており、安心してお試しできます。しかも、定期コースにありがちな、継続義務がないため、解約も自由です。

 

 

 

みらいのドッグフードシリーズ紹介


製薬会社が開発した「みらいのドッグフード」には、犬の病気に応じてそれぞれのシリーズが作られています。
愛犬の病気や症状に合わせて、原材料の配合を変えているため、必要であれば公式サイトから問い合わせを行ってください。

 

※癌・腫瘍サポート用以外の全シリーズには、歯磨きパウダーがセットになっています。
癌・腫瘍サポート用には、オメガ3脂肪酸高融合の亜麻仁油1本が付いてきます。

 

●みらいのドッグフード 長寿サポート(幼犬・成犬用)

 

●みらいのドッグフード 特別療法食G 腫瘍サポート(腫瘍用)⇒ 詳細ページあり

 

●みらいのドッグフード シニアサポート(高齢犬・療養犬)

 

●みらいのドッグフード 特別療法食J(腎臓用)

 

●みらいのドッグフード 特別療法食KA(肝臓用)

 

●みらいのドッグフード 特別療法食TO(糖尿病・白内障用)

 

●みらいのドッグフード 特別療法食KE(結石・膀胱炎用)

 

●みらいのドッグフード 特別療法食D(ダイエット用)

 

●みらいのドッグフード 特別療法食SI(心臓用)

 

●みらいのドッグフード 特別療法食SU(膵臓用)

 

●みらいのドッグフード 特別療法食IC(胃腸・消火器用)

 

●みらいのドッグフード 特別療法食H(骨関節用)

 

●みらいのドッグフード 特別療法食A(皮膚・アレルギー用)

 

 

みらいのドッグフードシリーズは、同じ原料を使用していますが、肉類、漢方素材、野菜、穀物、サプリの配合率が異なり、5大栄養比率がすべて違うようになっています。

 

例えば、腫瘍サポートであれば高栄養価、腎臓用や肝臓用などは栄養制限食の栄養比率で構成されていますので、ちゃんと見極めてあげる必要があります。

 

疾患を抱えていない場合は、仔犬からシ成犬まで「長寿サポート」、高齢犬や老犬なら「シニア用」を選べば良いでしょう。

 

あとは愛犬の病気や症状で選ぶべきですが、複数の疾患を併発していたり、合併症を持っている場合は、「みらいのドッグフード」の公式ページからお問い合わせするようにして下さい。

 

調べれば調べるほど、犬の健康に対して他社とは一線を画しているドッグフードだということがわかりました。

 

「みらいのドッグフード 長寿サポート」は、他のプレミアムドッグフードと比較してもかなりおすすめですし、愛犬が病気の場合も症状に合わせて細かく療法食が用意されているので、是非一度公式サイトも確認して欲しいと思います。

 

「みらいのドッグフード」の詳細は下記公式サイトから確認できます。
合併症などを併発している場合、ページの最下部にメールアドレスと電話番号があるので、愛犬の病気名や症状を伝え、最適なものを選ぶようにして下さい。

 

公式サイト限定の定期コースでは、最大40%OFFの最安値並びに30日間の完全返金保証がついており、安心してお試しできます。しかも、定期コースにありがちな、継続義務がないため、解約も自由です。

 

 

 

トップページへもどる⇒ クッシング症候群の愛犬にはこの食事@治療を成功に導くポイント


トップへ戻る