前書き

 

このページでは、犬の白内障について、原因や症状、その治療やケア方法について正しい見識について解説します。

 

また、ケアにも役立つ、犬の白内障の予防方法や、合併症として併発しやすい糖尿病などの犬の病気にについてもご紹介していきます。

 

犬の白内障という病気について

 

白内障になった犬の瞳は、白っぽく濁ることがありますが、これはレンズの役割を果たす目の奥の水晶体が白く濁ってしまうためです。

 

レンズである水晶体が白く濁ってしまうことで、視界がぼやけてしまい、完全に目が見えなくなって失明してしまうこともある病気です。

 

人間でも同じで、老化により発症するケースもありますが、それ以外の原因で白内障が引き起こされるケースも少なくありません。

 

レンズが曇る?水晶体が白く濁ると

 

この病気は、目の奥にある水晶体が白く濁る病気のため、白内障と呼ばれています。
端的に言えば、視力の低下を招き、時には失明することもある怖い病気です。

 

レンズの役割を果たしている水晶体は、目に入ってきた光を屈折させて、網膜まで光を届けてくれる役割を担います。

 

眼鏡のレンズに置き換えて考えるとわかりやすいですが、透明であるはずのレンズが白く濁っていると、当然、視界はぼやけてしまいます。

 

主な原因について

 

犬の白内障は、水晶体のタンパク質が変質してしまい、白く濁ることによって引き起こされます。

 

白内障を発症する原因は、老化によるものが一番多く、高齢になったシニア犬が発症するケースが最も多いとされています。

 

しかし、犬が白内障になる原因は他にも存在し、若年期においても発症することがあるので、その他の原因について詳しくご紹介します。

 

白内障の原因については、大きく分類すると2つに分けられています。
生まれつき高い発症率を抱えている「先天性白内障」と、外傷や病気、加齢とともに誘発される「後天性白内障」の2つです。

 

それでは、それぞれについて詳しく解説していきます
愛犬が、まだ未病の場合は予防にも役立ちますので是非ご覧ください。

 

先天的(遺伝的)白内障

 

犬種によって発症率が上がる、遺伝的要因の白内障です。
つまり、先天的に白内障になるリスクを抱えている状態で、若年期であっても発症する確率が高いということになります。

 

現在分かっている、白内障になりやすい犬種

ゴールデン・レトイバー、ビーグル、ミニチュア・シュナウザー、ラブラドール・レトリバー、アフガン・ハウンド、スタンダード・プードルボストン・テリア、、ミニチュア・プードル、キャバリア、アメリカン・コッカー・スパニエル、ウエストハイランド・ホワイト・テリア、オールド・イングリッシュ・シープドッグ、ポインター、ボーダー・コリー、柴犬、マルチーズ、シーズーなど

 

以上が遺伝的に白内障を発症しやすいと言われている犬種になりますが、残念ながら発症の詳しいメカニズムは分かっていません。

 

▼以下は全て、「後天性白内障」に分類されます。

 

外傷に伴う白内障

 

打撲や目を傷つけられたりすることで白内障を引き起こすものです。
レンズの役割を果たす水晶体に、直接的な外傷を受けることにより、外傷部分より白く濁り始め、放置していると次第に広がっていき悪化します。

 

老化に伴う高齢性の白内障

 

高齢化に伴い、シニア犬が多く発症します。
統計では、6歳を超える犬に初期症状が見られ、ゆっくりと進行していくと言われ、犬の白内障の原因としては、最も多いとされています。

 

基礎的な眼の病に誘発され発症する白内障

 

白内障以外の基礎疾患がある場合、その基礎的な眼病が白内障を誘発します。
とくに、ブドウ膜炎から誘発された場合には治療が困難だと言われています。

 

抗炎症薬や点眼薬(目薬)、散瞳薬を使った治療が行われますが進行してしまっているケースでは外科手術も適応されます。

 

白内障を誘発する犬の眼病例

ブドウ膜炎・慢性水晶体脱臼・緑内障・進行性網膜萎縮症・網膜異形成など

 

フードや中毒症が誘発する白内障

 

薬や毒物を摂取してしまうことで発症する白内障です。
投与された薬剤により中毒性の白内障を引き起こした例もあるということです。

 

代謝トラブルが誘発する白内障

 

糖尿病に代表される、ホルモン系疾患に誘発されて発症する白内障です。
最も多いのが「糖尿病」で、糖尿病の合併症の代表格としても白内障が挙げられます。

 

この場合、白内障は急激に進行しますので、糖尿病の治療を優先的に行うことが重要です。
しかし、糖尿病が原因である場合、糖尿病の症状が改善しても白内障が良くなることはありませんので、外科手術を行い治療することになります。

 

代謝トラブル系が誘発する白内障は、基礎疾患に対する治療が優先するのですが、これらの代謝トラブル系の疾患には、共通して食事療法が有効になります。

 

代謝系トラブルの各疾患への対応を、それぞれ詳細にまとめていますので、こちらも参考にして下さい。

 

(糖尿病の参考ページ⇒ 糖尿病の犬への食事療法レシピ

 

(クッシングの参考ページ⇒ クッシング症候群の愛犬にはこの食事

 

(甲状腺機能低下症の参考ページ⇒ 犬が甲状腺機能低下症になった時の食事

 

(膵炎の参考ページ⇒ 犬の膵炎で「実践しやすい食事療法」や治療

 

(癌・腫瘍の参考ページ⇒ 犬の癌への食事|正しいレシピや注意点

 

犬の白内障|主な症状

 

煩雑な作業を伴う仕事や、細菌学者のように細かい観察を行うことがありませんので、犬の場合、少し見えにくいぐらいであれば、日常の生活に大きく支障をきたすことは無いかもしれません。

 

しかし、放っておくと進行が進み、物の輪郭が識別できなくなったり、最悪失明してしまうこともあります。

 

ただ、白内障の進行には過程があり、進行度によって症状が違います。
白内障の進行度を表すと、@初発白内障、A未熟白内障、B成熟白内障、C過熱白内障という順番になります。

 

では、白内障の進行度による症状の違いをご説明します。

 

初発白内障

初期段階の初発白内障では、まだそれほど視力に影響は出ていない状態で、歩行や日常生活においても変化を感じることは難しいと言えるでしょう。

 

目の白い濁りもハッキリと現れていない段階なので、病気を確認するのも難しく、発見するのが遅れる傾向があります。

 

未熟白内障

未熟白内障に病気の段階が進行すると、少し視覚に影響が現れ、夜や暗い場所では目が見えにくくなります。

 

この頃になると、瞳孔の大半が白く濁った状態になるので、注意深く観察していれば病気を発見することが出来ます。

 

成熟白内障

この、成熟白内障の段階まで進行してしまうと、視力障害がかなり重度になり、光をかすかに感じる程度になります。

 

この成熟白内障の状態が長期間続いた場合、網膜へのダメージが大きくなり、完全に目が見えなくなり、失明する危険性が高くなります。

 

過熱白内障

過熱白内障まで病気が進んでしまうと、水晶体が眼のなかに漏れ出すため、ブドウ膜炎を引き起こします。

 

ブドウ膜炎は激しい痛みを伴いますので、元気消失や衰弱を招きます。
また、このブドウ膜炎を放っておくと、緑内障を誘発し、眼圧上昇による視覚障害や、強烈な痛みを引き起こします。

 

 

犬の白内障の進行段階別の症状については以上になります。
それでは、白内障が進行している時の症状についても解説していきます。

 

白内障が進行している場合の症状

目が白く濁る

 

白内障を発症した犬の目を覗き込むと、黒目に白い濁りが確認できます。
白く濁った水晶体は、透明のレンズに白い雲がかかったような状態なので、犬の視界もぼやけて見える状態です。

 

視力が低下し柱や壁に良くぶつかる

 

白内障が進行してくると、物の輪郭を識別することが出来なくなり、よく物にぶつかるようになります。

 

柱や壁にぶつかったり、よく見えないためふらついたりすることもあります。
階段の上り下りも不自由になったり、ボールを投げて遊ぼうとしても視野がぼやけて目で追うことが出来なくなります。

 

行動に変化が現れる

 

目が見えない不安から、ちょっとした物音を怖がったり、好きだった散歩にも行きたがらないなど、行動に変化が現れます。

 

また、恐怖心から攻撃的になったり、撫でようとしたら噛み付かれたりすることがあります。

 

 

犬の白内障への治療や検査


ここでは、犬の白内障の検査や治療についてご紹介していきます。

 

犬の白内障検査

犬の白内障検査は、もちろん獣医師によって行われます。

 

病院での検査方法は、目薬(点眼薬)を用いて行われ、目薬によって瞳孔をひらかせ、眼内観察用の医療器具を使って、犬の目に光を当て、白濁の有無を確認するのが一般的な診断方法です。

 

点眼をしてから瞳孔が開くまでは半時間程度かかるため、しばらく待機させてからこの検査を行うことになります。

 

 

内科的治療

まず、早期発見することが出来た場合は、点眼用の抗白内障薬や飲み薬など、内科的治療により病気の進行を遅らせることが可能です。

 

見事に完治するとまでは行かないものの、負担軽減という部分では大きな副作用もありませんので、白内障の愛犬にはいい影響が期待できます。

 

外科的治療|手術

 

白内障が進行してしまっている場合は、点眼薬や飲み薬などでの内科的治療では効果を期待することが出来ないため、外科手術による治療が必要になります。

 

白く濁った水晶体の吸引し摘出し、摘出した水晶体の代わりに人工レンズを挿入する手術などが一般的です。
レンズの役割を果たしている水晶体が新しくなるため、成功すればかなりの視力回復が見込める治療法です。

 

手術を行った後の予後は、点眼薬や飲み薬などの内科的な治療に移行し、定期的な経過観察を行います。
ただ、どんな治療や手術にも言えることですが、確実に予後が良好になるとは言い切れない可能性も残ります。

 

愛犬の白内障を早期発見するために必要なのは?

 

白内障に限った話ではありませんが、病気は早期発見が鉄則です。

 

そのためには、愛犬の様子を日頃から観察する癖をつけておく必要があり、コミニュケーションを積極的にとることを心がけましょう。

 

いつもと違う行動をとったり、体調不良を疑うような場合は、迷わず獣医師の診断を受けるように癖付けておきましょう。

 

前述した白内障の症状についても、気づいた段階でなるべく早く受診することが大切で、日頃から定期的に、検診をうけておくこともひとつだと思います。

 

 

愛犬の白内障を予防するために!

 

犬の白内障の原因のひとつに、太陽の紫外線による影響が挙げられます。

 

ここまでで述べていない白内障の原因のひとつで、近年、環境破壊により紫外線量の増加が認められており、犬の目に深刻な悪影響を与えていると報告されています。

 

人間にも指摘されている紫外線の目への悪影響は、オゾン層破壊によるところが大きいという説がありますが、散歩や長時間の日光浴には注意が必要です。

 

長時間日の光を浴びないよう、日差しの強い時間帯や季節は、日影を作ってあげるなどして、目に入る紫外線量を軽減してあげるようにしましょう。

 

犬用のサングラスや紫外線カット用の眼鏡なども販売されていますので、そういったアイテムを利用するというのもひとつですね。
サングラスを掛けた犬を連れて、散歩をしてるのを実際に何度も見かけなたですが、何だか可愛いですよ(笑)

 

犬の白内障と併発しやすい犬の病気について

 

また、前述したように、代謝トラブル系の病気から白内障を併発することがわかっていますので、普段の食事から、栄養バランスの良いフードを選ぶようにしてあげましょう。

 

犬の糖尿病

 

糖尿病の犬がもっとも併発しやすいのが白内障です。
白内障が発覚した場合は、糖尿病が基礎疾患になってないかを疑う必要があるほど併発リスクが高い病です。

 

犬の糖尿病については、「糖尿病の犬への食事療法レシピ|症状や治療法」のページに詳細をまとめていますのでそちらをご覧ください。

 

犬のクッシング症候群

 

副腎ホルモンの過剰分泌により引き起こされるホルモン系の疾患です。
代謝トラブルを抱えた状態が白内障を誘発するので、クッシング症候群にも注意が必要です。

 

蛇足ですが、市販のフードに含まれる人工添加物は、排出されず犬の体内に蓄積することが確認されていますので、栄養バランスだけでなく、無添加処方のフードがおすすめです。

 

もし、糖尿病やクッシング症候群などの疑いがある場合は、それぞれ詳細をまとめたページがありますので、そちらをご覧になるようお願いします。

 

犬のクッシング症候群については、サイトTOPの「クッシング症候群の愛犬にはこの食事@治療を成功に導くポイント」に詳細と対処法をまとめています。

 

⇒ TOPページへもどる


トップへ戻る